« 「クリエイター」 と 「そうでない人」 の違い | トップページ | 7月限定!夏のお得なキャンペーン♪ »

2014年5月22日 (木)

[M3 / ボカマス] 即売会の攻略を考える

[M3 / ボカマス] 即売会の攻略を考える

こんにちは、作編曲・DTM講師の高岡です。


春M3の出展から約一ヶ月。


私個人としては、初めてのイベント出展でしたが、
たくさんの人との出会いがあったのはもちろん、
多くの発見や刺激を受ける事ができました。


同時に、同じ即売会やイベントにも、
特色や傾向に偏りがあることも感じました。


今回は、

・『M3』出展の売り上げ結果
・出展のメリット、デメリット
・準備、成果をあげるポイント

について、個人の見解を紹介したいと思います。



■『春M3』の売り上げと成果について


・ボカロ・ボーカル版を
 それぞれ2作品(計4作品)を初出展
・プロモーションは特設サイト、ウェブのみの宣伝

という内容で、結果として

・全体で40枚弱

という売り上げでした。


興味深かったのは

・ニコニコ動画では、圧倒的に
 ボカロ版のアクセスが多い

のに対し、今回の販売では

・ボーカル版の売り上げが7割

と対照的であったのが印象的です。


コスプレをしている売り子さんも多かったので、
ボーカロイド・アニメ系の需要が多いと予想していましたが、
純粋に良質な同人音楽を求める方が多いように感じました。


■サークルとお客さんの関係


サークルとは、いわば

『ブランド』


即売会でいうと、壁際にいわゆる『壁サークル』という
人気サークルが並び、開場前に並んでいたお客さんの多くは、
開場と同時に壁サークルに長蛇の列を作ります。


イベントに参加される来場者の多くは、あらかじめ好きなサークルや
気になるサークルの情報をチェックして、まずそのサークルのCDを
購入しに走ります。


では、無名のサークルでは勝ち目が無いかというと、そんな事も無く、
事前にサークルとして、SNSやTwitterなどでしっかり告知をしたり

特設ページの開設(デザイン面も大切!)
試聴ページの充実
・動画や音楽の投稿時に出展を告知
・サークルカットに必要情報をしっかり

といったプロモーションをしっかりと行う事で、
来場者に興味をもっていただく事は十分に可能です。


現に、サークルに立ち寄っていただいていた方の中には

『動画を見た』
『Soundcloudを聴いて気になった』

といってCDをすぐに買いにこられる方も多く、
ネット上の地道なプロモーションがしっかりと届いている事を
感じました。


■出展のメリット・デメリット


・出展のメリット


最大のメリットは

『能動的な音楽ファンに作品を
 聴いてもらえる事』


私のサークルでは、昨年の作品はitunesでの配信も行いましたが、
狙っていたほどのダウンロード数を獲得する事ができませんでした。


対し『M3』の来場者は、新しい物に寛容で、好奇心旺盛。

・気になる作品は積極的に試聴をしてくれる
・試聴をして気に入っていただければ、
 作品を購入してくれる。

非常に

『熱の帯びた音楽ファン』

が多いのがすごく印象的で、嬉しく思いました。

※普通に音楽談義に興じたお客さんも多くいました。


これは、『M3』がある種のお祭りでもあり、来場者が
このイベントそのものを楽しんでいる事も大きいように思います。


・出展のデメリット


出展に際し、デメリットは特に感じませんでしたが
とにかく準備は大変!


ネット配信とはワケが違い、デザインからプレスまで、
限られたコストで、お客さんに興味をもっていただける
内容に仕上げなければなりません。


また、イベントによって来場者の傾向や性質は異なるので、
下調べをちゃんと行って、イベントの趣旨にあった作品を
出展しないと、思っている成果は出ないかもしれません。


■準備、成果をあげるポイント


出展は、横幅1メートル程度のスペースで、
広いと言えるほどではありません。


来場者は、

・知っている、気に入っているサークル
・特設サイトなどをチェックし、
 気になったサークル
・歩いている時に、気になったサークル

のどれかに立ち寄るので、ネットでのプロモーションはもちろん、
出展スペースをなるべくポップに装飾することも大事です。


私たちは結果として非常に地味なスペースになっていましたが、
RYUNKAさんそのものがド派手でしたので、問題ありませんでしたw


また、人気のサークルは、大概が出展の常連さんで、
お得意のお客さんも多いです。


サークル出展の際に、来場者や他の出展者様と
コミュニケーションをとって、仲良くなることも非常に大事です!


売り上げも大事ですが、友好関係のあるサークルさんが
一緒だと、安心して楽しく出展できますし、他のイベントでも
ご一緒できれば、いろいろな情報も共有する事ができます。


■まとめ


コミケや即売会には、プロの方も参加されていますが、
誰でも抽選を通れば出展が可能です。


・自分の音楽を試してみたい!
・音楽仲間を作りたい!

という方には、本当に良い環境だと思います。


ひとりのクリエイターさんだけで出展されている方もいますので、
宅録の音楽家の方も、是非家を出て、イベント出展に
チャレンジをおすすめします☆


素敵な出会いがたくさんありますよ(੭ु˙꒳​˙)੭ु⁾⁾


DTMについて真剣に学んでみたい方は

プロの作曲 / DTM講座
 無料体験レッスン

にいらしてくださいね☆


« 「クリエイター」 と 「そうでない人」 の違い | トップページ | 7月限定!夏のお得なキャンペーン♪ »

音楽」カテゴリの記事

音楽プロモーション」カテゴリの記事

プロの作曲 / DTM講座

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

//

///

likebox2