« 声の整体 「発声フォーム端正プログラム」 | トップページ | 歌が上手な人の「5つのルール」 »

2015年1月 6日 (火)

私の『アレンジボイトレ』!

Photo

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


今回は、生徒様から寄せられた

・ユニークなボイトレ方法

についてご紹介します。


世の中には様々なボイトレがあります。

最近ではYoutubeにて、個人が思いついたユニークな
トレーニングも多く見受けられます。


かくいう私も、自分で考えたボイトレメニューを実践しています。

2タイプありますので、別々に説明しましょう。



■既存の歌をいじる


音程やリズムをちょいちょい変えながら、気分次第でアレンジ。

なんなら歌詞だっていじっちゃう事だってあります。


時折ライブで、ボーカルが本当のメロディーラインとは
違う内容を歌ったりしますよね?

あれと同じ様な事を練習で行うんです。


何でこんなボイトレを始めたかというと、自分自身
あまりアレンジが効かない人だったからなんです。


ライブでいつも同じメロディーラインで歌ってしまうので、
なんとなく面白みが無いなぁと思っていました。


かといって、意識する上手くいかずにぐちゃぐちゃに。

次のメロディーにつながらない、音程が外れすぎ。

どうにも失敗してしまうんです。


「どうせならアレンジも
 練習しちゃえばよくね?
 ジャズだったら
 即興の練習とかするし( ̄- ̄)」

と思って、こんなボイトレを思いついたんです。


おかげでアレンジのパターンもなんとなく掴めて、
ある程度アレンジに慣れる事ができたと思います。


効果云々よりも、この練習は自分でやっていて
なかなか楽しいです。


トレーニングに飽きたらこれで気分転換しています(;^^)


■声の出し方をいじる


やり方は至って簡単!


「Aメロ→Bメロ→サビ」

といった曲のパートによって、声質を変えて歌うだけ。


声を喉の奥から出してみたり、前の方から出してみたり、
はたまたとある歌手の真似をしてみたり・・・と、
その時の気分で、即興で声を変えていきます。


例を挙げますと、

「ルイ・アームストロング→森岡直太郎→甲本ヒロト」

といった様な感じですね(笑)


モノマネのメドレーにも似ていますね。


このボイトレの目的は、色んな声の使い分けに慣れる事。
おかげで普段から自分の声の出し方を
意識できる様になったと思います。


■まとめ


もちろん効率的なボイストレーニングは大切ですが、
やっぱり練習は楽しいのが一番!


効果が立証されている訳ではありませんが、
興味があれば是非チャレンジしてみてくださいね?( ̄ω ̄)


ボイトレについて興味のある方は、是非一度

無料ボーカルカウンセリング

にお越し下さいね☆


« 声の整体 「発声フォーム端正プログラム」 | トップページ | 歌が上手な人の「5つのルール」 »

表現力のトレーニング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox