« ペットボトル・ボイトレ / 肺活量を増やすトレーニング | トップページ | 歌の音域を広げる練習方法 »

2014年9月23日 (火)

鏡を使ったボイトレで、劇的な効果が!!

鏡を使ったボイトレで、劇的な効果が!!

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


歌う時、自分の表情に注目した事はありますか?

ボイストレーニングで、鏡を使用していますか?


「いいえ」と答える人は少なくなく、

「そんな事をしてどうするの?」

と思う人もいるでしょう。


表情と声は密接に関係しており、表情をコントロールできる事は
発声や表現において確かなプラスになります。


今回は

「鏡を使ったボイストレーニング」

について、その方法と効果を紹介いたします。



■声は表情に影響される!


「歌に気持ちを込める」というと、

・歌の内容をイメージする
・リズムやシーンに合わせ体を動かす
・声質を場面によって変化させる

といったアプローチが一般的です。


しかし、これらを意識するだけでは、声への影響は比較的少なく、
結局表現力は乏しくなりがちです。


そこで効果的なのが、

・表現を表情に出すという

という方法。


嘘でも表情に出す事で、自然と声が表情にそった内容に変化します。


「悲しそうな表情、怒った表情」

など、過去の出来事を思い出して気持ちを表情を出せば、
意識してコントロールするより効果的に表現力を上げることが
出来るのです!╭( ・∀・)و


これらは、人間の表情と心理の変化に関係があります。

人は意味がなくとも、ただ笑う事で幸せな気持ちになれるからです。


人の心は、自分の表情にも影響を受けているんですね。


■表情で「声の明るさ」をコントロール


表現でなくとも、普段の表情で声のトーンは決定されます。

暗い声の人は、必要な表情筋が不足している事もあるので、
声のトーンコントロールを自在に行うためにも、表情の確認や
トレーニングは不可欠です。


・ペン1本でできる!
 表情筋のトレーニングをためしてみた


・表情筋を鍛えよう!


・口の形の作り方


■表鏡を使ったボイストレーニングが効果的!


感情が自然に表情に出る人は、歌も表現力が豊かな事が多いです。


反対に、歌に集中して顔が能面の様になっていたり、
あまり効果的に表情を出せなかったりする人もいます。


自分の顔がどうなっているかは、見てみなければわかりません。

一度、歌っている時の顔を鏡でチェックすると良いでしょう。


鏡で自分の表情をチェック!


自分のイメージと実際の表情に大きな誤差がある場合は、
鏡で自分の表情をチェックしながら練習を行うと効果的です。


毎日確認する事で、ささいな変化や異常にも
気がつけるようになります。


■まとめ


スタジオやカラオケで練習する時も、
鏡を携帯するようにしましょう。


いつでも表情をチェックできて、
練習の質の向上が期待できます。


初めは気恥ずかしいかもしれませんが、
簡単で効果絶大!


是非、試してみてくださいね( ̄ω ̄)و


ボイトレについて興味のある方は、是非一度

無料ボーカルカウンセリング

にお越し下さいね☆


« ペットボトル・ボイトレ / 肺活量を増やすトレーニング | トップページ | 歌の音域を広げる練習方法 »

中級編!効果的なボイトレ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox