« 歌の採点って意味あるの? | トップページ | 【原因】「どもり」を直そう!【対策】 »

2014年6月26日 (木)

あなたは自分の声を 『正確に』 聞けていますか?

あなたは自分の声を 『正確に』 聞けていますか?

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


あなたは、録音した自分の声を
聴いた事がありますか?


私がボーカルカウンセリングを行う際に、
必ず聞いている質問です。


今ではスマートフォンなんかも普及し、
ボイスレコーダーを寛太に扱えるようになりました。


私も作曲でメロディーを考えるとき、
必ずボイスレコーダーの鼻歌から始まります。


しかし、レコーディングブースでのカウンセリングで
録音・確認を行うと

『こんな声・歌い方をしていると思わなかった』

という反応が非常に多く帰ってきます。


あなたの耳は、自分の声を
本当に正しく聞いているのでしょうか?



■『自分の声』は、大抵正しく聞き取れない


他人の声を聞くとき、人はかならず空気を通して
その声を受け取ります。


距離や位置など、自分に対しての音の発信源が違うだけでも、
随分と音の聴こえ方は変わっています。


・自分の声はどうでしょうか?


自分の声も他と同じく、声を発した瞬間に空気を通し、
自らの耳に届きます。


しかし、他と違うのは、自らの声は

『骨や体の振動を通しても聴いている』

という点。


体内で鳴っている音や振動を感じ取ってしまうため、
他人が聴いた声の印象とは、大きく異なってしまいます。


自分の声を正しく認識するには、
録音による練習が効果的です。


■偏った録音環境に注意!


スマートフォンの通話用マイクで声を録音してみると、
勘違いでなく自分の声が違う内容で記録されています。


これは、スマホのマイクが通話用に作られており、

・余計な音が入らない
・人間の声や言葉が聞き取りやすい

ように設定されているためです。


通話には非常に便利ですが、声の確認という用途においては
音が勝手に加工されてしまう環境は適しているとはいえません。


■『そのまま』が聴こえる録音環境を


自分が発しているままの声を収録するには、
周波数特性に偏りのないコンデンサーマイクがオススメ!


私のレッスンでは、以下のマイクを使用しています。



・マイクとの距離感も重要!


マイクは近づけば近づくほど情報量が増え、
離れるほど減っていきます。


ささやくような声を練習する際は、マイクに近づいて。
声高に歌い上げる時は、マイクから遠目に。


内容に適した情報量を収録できる距離で録音する必要があります。


■モニター環境による、『声』の変化


人は、耳で自分の声を聴きながら、
無意識に声質や声量を調節しています。


ボーカルレコーディングの際に、

・出力を上げる→小さく歌う
・出力を下げる→張り上げて歌う

というように、こちらが指示を出していなくても
勝手に歌い方が変わってしまいます。


自分の耳で、聴こえるくらいの音量で歌うように
コントロールしているようです。


なので、力が入り過ぎのボーカルの方は、極端に出力を上げて
モニターを送ってあげると、力が抜けた良いトーンが出たりします。


モニター環境ひとつとっても、調整の仕方次第で
雲泥のさほどボーカルテイクの質が変わってしまうのです。


■自分の声が『正しく』聞けると、何が違うのか?


・「自分の声を疑う」事が無くなります。


自分の声が正しく認識できていない人は、
その誤差にいつも不安を抱きます。


「ちゃんとできたと思ったけど、  本当はどうなんだろうか?」

そんな事をずっと悩み続けなければなりません。


録音内容と耳で聴いている音の誤差が無くなると、
自分の耳に自信を持つ事ができます。

練習をする上で、感じた事を迷い無く信じられる事は
非常に重要です。


・小さな変化や違和感に気がつく事ができます


モニター環境が安定していると、細かいミスや
おかしな発声に気づけるようになります。


『悪い所に気がつける耳』

は誰もが必要な能力なのですが、歌を志す人の多くが

『非常に鈍感な耳』

を持っていると感じます。


毎日の練習を安定したモニター環境で比較し、
ひとつひとつ改善する事で

「決してやみくもでない
 質の高い練習」

が行えるようになります。


■まとめ


私のレッスンでは、多くの人が体験レッスンだけで

『正しい録音による気づき』

を得て、声質が大きく改善されています。


ボイトレについて興味のある方は、是非一度

無料ボーカルカウンセリング

にお越し下さいね☆


« 歌の採点って意味あるの? | トップページ | 【原因】「どもり」を直そう!【対策】 »

すぐに役立つTips」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox