« 喉にいい食べ物・悪い食べ物 | トップページ | あなたは誰に向けて歌っていますか? »

2013年11月 4日 (月)

『呼吸の方向』で声の響きが全く違う!

Photo_5

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■呼吸法は大事!


呼吸というのは体に酸素を送る為の重要な機能です。

同時に、発声においても大きな役割をはたしています。


発声のちょっとした違いで
驚くほど簡単に声は変化します。


当たり前のようで見落としがちな呼吸法についてご紹介します。



■正しい呼吸とは?


声を出すのと同じように、呼吸にも方向があり、
正しく呼吸をする事が必要です。

呼吸法が悪いと、空気が腹部にしっかりとはいらず、
ピッチやリズムを正しくコントロールする事が
出来なくなってしまいます。


■呼吸の矢印


呼吸で大事な事は

「息を体にぶつけないこと」


腹式呼吸だからといってお腹に矢印を向けて呼吸をすると、
お腹に空気がぶつかり、体全体に力みが生じます。


息を吸って吐く方向は、つむじのちょっと後ろ

「頭の後部斜め上」

を目標にしてください。


お腹に空気を貯めるのに、上に矢印を立てるのはおかしな感じがしますが、
こうすることで体に負荷をかけることなく、
効率的に空気を送り込む事ができます。


イメージとしては

「あたまの中を空気でいっぱいにする」

という感じで良いと思います。


頭の中に空気を貯めて、ゆっくりとはきだしていくイメージを思い浮かべながら、
呼吸のトレーニングを行ってください。


« 喉にいい食べ物・悪い食べ物 | トップページ | あなたは誰に向けて歌っていますか? »

すぐに役立つTips」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox