« 『きゃりーぱみゅぱみゅ』の歌・音楽に潜む『人を惹き付ける緻密な計算』 | トップページ | ボイトレコラム、まとめました。 »

2013年7月30日 (火)

四季を彩る Vocal / Vocaloid CD アルバム『fiLm MuSiC』

Title

こんにちは、高岡兼時です。


歌って喋って絵描いてゲームする変態。積みゲー。マテ茶な
アーティスト『RYUNKA』さんとの共作、

四季を彩る Vocal / Vocaloid
CD アルバム『fiLm MuSiC

をリリースいたしました。


Album「fiLm MuSic」特設サイト

http://ziiken.qee.jp/fiLmMuSic/


ボーカル/ボカロ調教にRYUNKAさん、

アートワークにHOUJIROさんをお迎えし、とても素敵な作品となりました。


本作品は、RYUNKAボーカル版とVocaloid版の2バージョン。

特設サイトでのCD販売・iTunes Store / Amazon MP3
からお買い求めいただけます。



■『fiLm MuSic』ができるまで


私がRYUNKAさんとの制作を始めたのは、さかのぼる事昨年の暮れ。
OK MUSICという音楽サイトで彼女の事を知り、その表情豊かで幅広い音楽性に触れた事が始まりでした。


いろいろな人と作品を作っていると、ボーカルのスタイルや得意なジャンルによって、
クリエイターの作れる物はわりと縛られてしまう事が多いのです。


そしてそれに息苦しさを感じていた僕は、

『彼女なら自分のやりたい音楽をそのまま
表現する事ができるかもしれない』


そう思って、コラボレーションによる制作をスタートしました。


■初のコラボレーション


最初に共作した作品は、『fiLm MuSic』最後の楽曲『少女トランス


相性によってはさまざまな問題が生じてしまう共作という手法ですが、
びっくりするほどすんなりと制作は進み、しかも非常に良い形で発表する事ができました。


僕の予想をはるかに上回る、世界観をより高める歌の仕上がりに、

『このコラボレーションを作品にしよう』

という想いが固まり、本作の発表に至ります。


■『fiLm MuSiC』の表現するもの


本作のコンセプトは「四季」


四季の透明感と郷愁感、清濁入り交じったサウンドで、
ショートフィルムのような映像世界を表現しています。


今回の作品は、特に『色鮮やかな音』をたくさん
詰め込むことにチャレンジしています。


音楽制作は、音楽を聴きやすく仕上げるために、音数を増やしすぎない事が定石ですが、
こぼれ落ちそうなたくさんの音を集約し、時に溢れ出し、時に静かに流れるダイナミクスを生む事で、
青春のワンシーンのような胸が詰まりそうな刹那を表現できると考えているのです。


詩の内容も含め、季節の中の刹那な感情を感じていただけると嬉しいです。


■『fiLm MuSiC』のビジュアルデザイン


アートワークは、お仕事でとてもよい絵を書いていた
HOUJIROさんにお願いいたしました。


ミルクぶっかけアプリなるトンデモな作品も手がける、ちょっと底の知れない人ですがw

何回も打ち合わせをしながら、本当に素敵な作品に仕上げていただきました。

本当に感謝いたします。


■最後に


多くの人に触れていただき、感じていただきたい作品です。


特設サイトでは、ご試聴・CDのご予約を受け付けています。
是非、ご試聴いただけると嬉しいです。


今回は、ボイストレーニングと関係のない話ですみません(◞‸◟)
最後までお読みいただいてありがとうございました。


« 『きゃりーぱみゅぱみゅ』の歌・音楽に潜む『人を惹き付ける緻密な計算』 | トップページ | ボイトレコラム、まとめました。 »

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox