« レコーディングはコーラスで差を付けろ! | トップページ | Michael Jacksonを追悼して »

2013年6月20日 (木)

映画の主題歌を歌うには

映画の主題歌を歌うには

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


音楽をやっているひとなら、

「映像とコラボレーションしたい」

そんなことを思った事があると思います。


音楽を好きだと思ってもらえるのも嬉しいですが、
映画というストーリーの中で自分の音楽が別の形で
映画を彩ってくれるというのは、僕から見ても
夢のような話に思えます。


ですが、映画に合う音楽、合わない音楽というのがあって、
いくら良い音楽でも映画には使えない音楽というのがあるのも
事実です。


今回は映像に合う音楽というのはどういうものか、
という事について考えてみます。



■主体性がありすぎない


映像音楽は、観客が映像に感情移入するための演出として
存在しています。

個性的な音楽は映画の良いスパイスになりますが、
あまりに個性が強すぎると、音楽を聴いているだけで、
そのミュージシャン自身を連想してしまいます。


こうなってしまうと、観客の興味は映画からは慣れてしまうため、
悪影響をもたらしてしまいます。


映画に使われる音楽は、個性的でかつある種中性的な、
無個性さも必要となるのです。


・SPITZ


・BUMP OF CHICKEN

などがその代表です。


個性的でかつ、中性的な要素がありますね。


■本質的なテーマを取り扱っている事


映画用に曲を書き下ろす、というケースもありますが、
人の本質的なテーマを取り扱う楽曲は映像音楽との
親和性が非常に高いです。


「恋愛」「死」「郷土愛」「別れ」「青春」

など、誰もが体験するテーマを取り扱う方が、
お客さんの共感も得やすく、同時に
映画のテーマにひっかかりやすくなります。


歌詞に関しても、具体的になればなるほど
主体性が強くなり、映像には不向きです。

いろんなシーンにマッチするあやふやな要素を持ちつつ、
ある程度の現実味のあるストーリー性が重要です。


■楽器のような歌を


映像音楽にインストゥメンタルが多いのは
「歌詞」そのものが主体性に近づく要素そのものであり、
映像にとって「邪魔」になりやすい要素だからです。


ジブリの音楽を聴いてみましょう。


・さんぽ


・崖の上のポニョ


・もののけ姫


などが有名ですが、どれもキャッチーでわかりやすく、
歌詞がすぐ入ってきます。


しかし、歌詞をじっくり聴くような内容では無く、
どれもわかりやすく耳馴染みの良いワードが選ばれています。

※もののけ姫は例外かもしれませんが、
米良さんの声も楽器に近いものがありますね。


歌の音楽としてでなく、歌詞さえ楽器として
サウンドを演出する事に専念する事が大切です。


ボイトレについて学んでみたい方は、ぜひ

録音ボーカルカウンセリング

にいらしてくださいね☆


« レコーディングはコーラスで差を付けろ! | トップページ | Michael Jacksonを追悼して »

本物のシンガーになるために」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox