« ボイトレの発音訓練・子音編 | トップページ | 声で性格がわかる!? »

2013年5月 8日 (水)

声の印象を理解する

Photo_3

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■声の印象は大切!

録音すると、声の音量はデシベルという単位で数値化して表示されます。 

同じ数値の声でも、人によって心地よく・または耳障りに聞こえる声というのがあります。

 

人と話していても、その声や話し方でその人の印象を判断する人は少なくないでしょう。

あなたの声が大きく、音域が広くても、耳障りな声では聴き手は不快になるばかりです。

 

自分の声を正しく認識し、何度でも聴きたくなる声質を目指しましょう。

 

■明るい声・暗い声

個人差はありますが、一般的に

「背の高い人=低い声」

「背の低い人=高い声」

を地声として持っています。

 

これは、体の成長が声帯の長さと比例する為です。

それぞれ、以下のような特性があります。

 

 

■「高い声」

長所

・抜けが良く、明るい。どんな場所でも聞き取りやすい。

・若い印象を受ける

 

短所

・声の線が細く、言葉に重みを感じない

・度を超えると、キンキンして耳障りになる

 

 

■「低い声」

長所

・倍音が多く、太い。ふくよかな声。

・大人っぽく、落ち着いた印象を受ける

 

短所

・抜けが悪い。騒音の中では埋もれやすい。

・はつらつとした若さに欠ける。元気を演出しづらい。

 

 

■まとめ

もちろんこれは一般論なので、一概には言えません。

発声の状態によってもこの印象は容易く変化します。

いまの自分の状態を見直し、長所を伸ばし短所を補う必要があります。

声の高さによっても印象操作を行う事も可能です。

「状況・場面に適した声の高さ、話し方を選択する」

というのも、大事な表現力の一つです。

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« ボイトレの発音訓練・子音編 | トップページ | 声で性格がわかる!? »

表現力のトレーニング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox