« 『自分の声』が嫌いなんですか? 〜録音した自分の声が違うワケ〜 | トップページ | AKB(アイドル)を目指すボイトレ »

2013年5月30日 (木)

本当の歌を取り戻す「一つのアドバイス」

Photo_8

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

今回は、先日起こった生徒のレッスンでの劇的な上達についてお話しします。

 

■頑張っているけど「良い歌」が歌えない生徒さん

過去に2年ボイストレーニングを習い、私の教室へやってきたTさん。

自宅練習も熱心に行い、授業中も細かくメモを取る真面目な方です。

 

最初の授業では、録音の中でさまざまな悪い癖が露呈されました。

 

「はっきり歌う」「○○のニュアンスを真似る」

など、無意識化に無数に癖がついており、とても良い歌とはいえないものでした。

 

彼女は熱心だからこそ、習ってきたことを忠実に行っていたのかもしれません。

 

■歌をリセットする。。

私は彼女に、すべてのテクニックを捨てて、ビブラートもしゃくりも巻き舌もしない「素の歌」をきれいに歌うように要求しました。

厳密には発声法から口の形の作り方、腹式呼吸などの基礎を、その原理と必要性を教えながら修正しました。

 

勉強熱心な彼女は次のレッスンにはきちんと修正して対応してくれました。

しかし、どうも「気持ちのよい歌」にならないので、私も少し悩んでしまいました。

言葉では説明できないのですが、なんとなくテクニックに「歌わされている」感じがするのです。

 

私は正直に

「Tさんの歌からは何も伝わってこない」

と伝えました。

 

■彼女を変えた一つのアドバイス。

Tさんは真面目が故に「歌を学ぼう」としすぎるのです。

ですが、私は、歌にはその人の人生や、日常生活のありかたが大きく影響すると考えています。

 

私は彼女に

「今話している、その言葉のように『話し言葉で歌って欲しい』」

とアドバイスをしました。

 

歌は人に伝えるものであって、伝えるために技術がある。

彼女にはまず、『自分の言葉で伝える』ということを知る必要があると感じたのです。

 

■アドバイスの結果。

アドバイスの後にとった歌声は、まさに『Tさん』という人を表している個性的なものでした。

リラックスしている声で派手ではないのですが、しっかりと「個性と力強さ」があるのです。

 

録音を二人で聞き返し、以前のテイクと比較をしてみても、明らかに今の方が『良い歌』だという意見で一致しました。

Tさんはたった一つのアドバイスで『言葉を伝える歌』を手に入れたのです。

 

■まとめ。

もちろん、荒削りなところも多く、これから直していかなければならない点は山ほどあります。

 

ですが今回感じた大切なことは

『自分の言葉で伝える』

ということができて初めて、ボーカリストとして表現者になれるのだということです。

 

テクニックや理論、基礎だけにとらわれず、人に伝える歌を意識することは何より重要です。

一度『友達と世間話をするように』歌を忘れて歌ってみてください。

 

かならず、あなたの隠れた個性が顔を出すはずですよ☆

 

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 『自分の声』が嫌いなんですか? 〜録音した自分の声が違うワケ〜 | トップページ | AKB(アイドル)を目指すボイトレ »

本物のシンガーになるために」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox