« 口の形の作り方 | トップページ | 聴き取りやすい声とは? »

2013年5月 2日 (木)

鼻づまり対策

Photo_15

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

 

■鼻づまりは美声の敵!

鼻をつまんで発声をすると声が変わりますよね?

口から声を出しているように見えて、実は鼻からも発声を行っているのです。  

 

慢性的な鼻づまりの方は、いくら発声法を改善しても、

鼻づまりにより声の抜けの悪さが改善されないケースが多くあります。 

そうでない方も、花粉症やアレルギーによって起こりうる鼻づまりについて、

対処法を学んでおきましょう。

 

 

■鼻づまりの弊害

慢性的な鼻づまりの人はもはやあたり前になってしまいますが、鼻づまりも立派な健康障害です。

鼻がつまると声の抜けが悪くなるだけではありません。

 

口呼吸の生活が中心になり、口内が乾燥し雑菌の繁殖率が増加します。

そのため、風邪を引きやすい体質になりやすく、口臭もきつくなってきます。

 

 

■まずは耳鼻科に通院

一般的な鼻づまりの対策は、点鼻薬やアレルギーを抑える薬の服用がメインとなります。

薬局で買うよりも、耳鼻科で処方してもらう方が質も高く安価なので、とりあえず診察に行ってみましょう。

アレルギー検査やカメラによる鼻腔内の診療も簡単にできるので、自分の症状をより詳細に知る事も出来ます。

 

点鼻薬は常用すると効果が薄くなるので、歌う前だけ利用する程度にとどめた方が良いでしょう。

 

 

■鼻中隔湾曲症

私自身そうだったのですが、鼻の中の骨がねじれているなどして、鼻腔が小さくなってしまう人がいるようです。

これはアレルギーによる鼻づまりではないので、手術によって改善する必要があります。

 

カメラによる診察を行えば、鼻中隔湾曲症はすぐに判別がつきますので、

心当たりのある方は一度診察で確認してみると良いでしょう。

2週間程度の入院で、15万円程度の予算が一般的ですが、最近では日帰りで3万円程度で手術を行っている病院もあります。

 

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 口の形の作り方 | トップページ | 聴き取りやすい声とは? »

すぐに役立つTips」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox