« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月30日 (木)

本当の歌を取り戻す「一つのアドバイス」

Photo_8

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

今回は、先日起こった生徒のレッスンでの劇的な上達についてお話しします。

 

続きを読む "本当の歌を取り戻す「一つのアドバイス」" »

2013年5月29日 (水)

『自分の声』が嫌いなんですか? 〜録音した自分の声が違うワケ〜

Photo_6

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


「自分の声が嫌いになる」

歌を歌う人ではなくとも、かならず一度はする経験です。


声が個性的であればあるほど、

それをコンプレックスに感じている人は多く、

プロの方でもその個性をコンプレックスに

感じていた人は少なくありません。


自分の声を少しでも好きになってもらえる方法について、ご紹介します。


続きを読む "『自分の声』が嫌いなんですか? 〜録音した自分の声が違うワケ〜" »

2013年5月28日 (火)

ナレーション・トレーニング法

Photo_4

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


歌詞の発音がうまくいかない人にお勧めしているのが

「ナレーション・トレーニング」


アナウンサーと同様、原稿を読んだものを録音してチェック、
発音の悪いところを修正して再録音、を繰り返すトレーニングです。


続きを読む "ナレーション・トレーニング法" »

2013年5月27日 (月)

鼻中隔湾曲症・手術体験記 (僕の声質を変えた体験)

Photo_7

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


僕は生まれつきの鼻炎持ちで、
鼻づまりが歌を歌う時にも大きく影響していました。


で、お医者さんでレントゲンを撮ったところ

「鼻中隔湾曲症」

という状態で、アレルギーだけでなく、これが原因で
慢性的な鼻づまりが起きているということが判明しました。


今はまったく鼻炎も鼻づまりもありません。
(花粉症はありますが)

今回は僕が実体験した
「鼻中隔湾曲症」の手術体験記についてご紹介します。

続きを読む "鼻中隔湾曲症・手術体験記 (僕の声質を変えた体験)" »

2013年5月25日 (土)

『腹筋・背筋の筋トレ』 って歌に関係あんの? → ないです。

Photo_3

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


僕は歌のために、筋トレとか一切しないのですが、ボイストレーナーには
腹筋背筋などをメニューで行う先生もいらっしゃいます。


「腹式=腹筋・背筋=鍛える」


間違いではないのですが、ハッキリ言って効果ないと思います。

僕はいっさいやってないガタイも良くないですけど、
声でないなんて思ったことないです。


今回は歌に必要な筋肉とその関係性について説明します。


続きを読む "『腹筋・背筋の筋トレ』 って歌に関係あんの? → ないです。" »

2013年5月24日 (金)

「上手な歌」=「良い歌」ではない!

Photo

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


あなたは何のために、歌の練習をするんですか?

歌が上手になりたいから。


では、なんで歌が上手になりたいんですか?

ほめられたいからですか?
メジャーデビューしたいからですか?


こうやって聞いてみると、あんがいみんな
なんとなくボイトレをしてたりします。

せっかく技術が手に入っても、
それがセンスよく使われなければ「猫に小判」です。


今回は、プロでさえ陥りがちな注意点についてお話しします。


続きを読む "「上手な歌」=「良い歌」ではない!" »

2013年5月14日 (火)

舌根トレーニング

Photo_9

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■舌は発音の要

発声を考える上で、舌の役割は非常に重要なものです。


舌の位置や形によって発音の内容は大きく変わりますし、
発声時に舌に力が入ってしまうと、下あごに力みが伝わり、
喉を閉める結果につたわります。


逆に、舌をやわらかく使えるようにトレーニングすると、
発音の幅が広がり、表現力を高める事ができます。


舌の根っこ「舌根」のトレーニングについて、紹介します。


続きを読む "舌根トレーニング" »

2013年5月13日 (月)

心に響く歌を歌おう

Photo_8

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■技術だけではつまらない!

感情表現とは、単純なようで奥深いものです。

 

数ある過去の名作から、模倣してテクニックをつける事は

実力がある人には難しい事ではないかもしれません。 

しかし、人の心を動かそうと考えるなら、

自分にしかない「何か」を表現する必要があります。


どうすれば、歌が人の心に届くのでしょうか?

 

続きを読む "心に響く歌を歌おう" »

2013年5月12日 (日)

口を大きく使おう!

Photo_7

 

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■発声は口の開き方から。

日本語やポルトガル語・フランス語等、発音に丸みを帯びた言語は、

総じて口を小さく使う事が共通しています。

 

こういった言語の国民は、口を小さく使う影響で、口の中が小さく、

あごの発達が遅れてしまう事もわかっています。

 

発音的に暗くこもりがちな日本語の発声。

口の使い方を見直して、はっきりくっきりな発音を目指しましょう。

 

続きを読む "口を大きく使おう!" »

2013年5月11日 (土)

声で性格がわかる!?

Photo_6

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■性格は声にあらわれる!?

人の話し声を聞くだけで、その人のさまざまな事が分かります。


明るい人は大きく口を開けてハキハキと。

暗い人はうつむき加減でくらい声。

 

その時の気持ちや生活態度は、声にそのまま現れてしまいます。 

明るく力強い声を目指すなら、あなた自身も明るく元気な人間に

生まれ変わらなければなりません。

 

続きを読む "声で性格がわかる!?" »

2013年5月 8日 (水)

声の印象を理解する

Photo_3

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■声の印象は大切!

録音すると、声の音量はデシベルという単位で数値化して表示されます。 

同じ数値の声でも、人によって心地よく・または耳障りに聞こえる声というのがあります。

 

人と話していても、その声や話し方でその人の印象を判断する人は少なくないでしょう。

あなたの声が大きく、音域が広くても、耳障りな声では聴き手は不快になるばかりです。

 

自分の声を正しく認識し、何度でも聴きたくなる声質を目指しましょう。

続きを読む "声の印象を理解する" »

2013年5月 7日 (火)

ボイトレの発音訓練・子音編

ボイトレの発音訓練・子音編

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


■子音の扱い方。


「あ」行だときれいに発声できて「な」行だととたんにくぐもってしまう。

子音の発音に母音が巻き込まれて発音不良を
起こしてしまうというのは、良くある事です。


不明瞭な発音にならないように、
子音ごとにその傾向と対策を講じる必要があります。


今回は、子音別にその特性と注意点をまとめてみました。

少し長いですが、発音に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。


続きを読む "ボイトレの発音訓練・子音編" »

2013年5月 5日 (日)

本当に正しい腹式呼吸の練習のやり方

Photo_18

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

今回は、腹式呼吸を体に定着させる基礎トレーニングについて紹介します。


目的は、腹式呼吸で使用する腹筋・背筋のインナーマッスルを鍛え、
横隔膜のコントロール力を高める事で、無駄が無く繊細な呼吸法を習得する事です。


体の筋肉と同様に、瞬発筋と持続筋を個別に鍛える必要があります。


続きを読む "本当に正しい腹式呼吸の練習のやり方" »

2013年5月 3日 (金)

聴き取りやすい声とは?

Photo_16

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

 

■プロはやっぱりすごい!

音楽番組などで、トーク中にヴォーカリストがアカペラで

楽曲を披露するワンシーンがあります。

  

「○○歌ってくださいよ」

なんてリクエストをされるのですが、プロの方は本当にCDを

聴いているかの如く、いつもiPodで聞いているそのままの声で歌い上げます。

 

これはよくよく考えるとすごい事です。

なぜなら、実際に使われているのが

「無加工の声」だという事だからです。

 

プロにあって、あなたに足りないもの、今回はそんな事を考えてみましょう。

 

続きを読む "聴き取りやすい声とは?" »

2013年5月 2日 (木)

鼻づまり対策

Photo_15

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

 

■鼻づまりは美声の敵!

鼻をつまんで発声をすると声が変わりますよね?

口から声を出しているように見えて、実は鼻からも発声を行っているのです。  

 

慢性的な鼻づまりの方は、いくら発声法を改善しても、

鼻づまりにより声の抜けの悪さが改善されないケースが多くあります。 

そうでない方も、花粉症やアレルギーによって起こりうる鼻づまりについて、

対処法を学んでおきましょう。

 

続きを読む "鼻づまり対策" »

2013年5月 1日 (水)

口の形の作り方

Photo_14

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

 

■陥りがちな落とし穴!

「口を大きくあけましょう」

私もレッスン中によくそう言うのですが、口の開き方も同じくらい重要です。  

 

出てくる声を気にしても、口のフォームまで気にする人は多くありません。 

抜けの良い声を出す為の、正しい口の形について考えてみましょう。

 

続きを読む "口の形の作り方" »

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox