« 腹式呼吸とは? | トップページ | 発音は歌の生命線! »

2013年4月28日 (日)

共鳴部位による声質のコントロール

Photo_11

 

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。    

 

■声色のコントロール

ヴォーカリストは、楽曲によって声色を使い分ける必要があります。

いろいろな要素で声色を変化させる事ができるのですが、

今回は共鳴部位によって声色をコントロールする方法を紹介します。 

 

 

■共鳴部位とは

声は、発声する方向によって体の振動の仕方が変化し、音色が変わります。

これを利用して、明るい声から暗い声まで、声の質感を調節します。

 

 

■明るい声

発声の基本は、目線を正面より少し上に上げ、目線の方向に向かって発声します。

体が無駄な共鳴を起こさないので、すっきりとした抜けの良い発声になります。

さらに上に声の方向をあげると、甲高いスネ夫やトンガリのような声に近づいていきます。

耳障りになりすぎてもいけないので、高さを調節してキャラクターに適した声質を探します。

 

 

■やわらかい声

少し大人な声、アンニュイな暗い声を作りたいときは、目線と声の方向を下に落としていきます。

舌に向かって発声をすると、口内や胸部が振動し、低音域の倍音が増えるため、低くダンディーな声質へと変化します。

 

福山雅治さんみたいなイメージですね。

さらに、憂鬱さを加えたいときは、少し口の開きを小さめにして発声すると、くぐもった抜けの悪い声を作る事ができます。

 

こもらせすぎると、何を言っているのかわからなくなってしまうので、調節しながら適切な加減を探しましょう。

 

  

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 腹式呼吸とは? | トップページ | 発音は歌の生命線! »

中級編!効果的なボイトレ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox