« 音程変化の練習 | トップページ | ミックスボイス② »

2013年4月21日 (日)

ミックスボイス①

Photo_4

 

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。    

 

■声の幅を広げるミックスボイス

声質や音域は、骨格や体質によってある程度決まります。

顔の骨格が似ている・自分と同じ身長の人間と、比較的声が似ているのもこの為です。  

同じ人間でも、日本人が黒人のようなワイルドな声が出せないのはこのためです。

 

さまざまな方法で声を改善していくのですが、

どんな声でも出せるようになるわけではありません。

自分の資質を理解した上で、長所をしっかりと伸ばしていく事が大切です。

 

今回は、声の幅を大きく広げる「ミックスボイス」について説明します。 

 

 

■ミックスボイスとは?

「地声」「裏声」を混ぜて出す発声方法です。

高いレベルの喉のコントロールが必要になりますが、大きな音域の広がりが期待できます。

 

有名なところでは「平井堅」さんなどがミックスボイスを上手く使いこなしています。

地声のようでそうでない、裏声よりも力強い、それがミックスボイスです。

 

 

■地声音域を裏声で発声する

声の高さというのは、喉の閉め方を調整して行うのですが、裏声はその構造上、地声ほど喉を閉める事をしません。

声をミックスさせるには、その境界線を消していく事が必要です。

 

普段の練習内容でかまいませんので、地声で出来る音域をあえて裏声で練習します。

裏声を高い音用でなく、別の一つの声質として自由にコントロールするところから始まります。

 

 

次回は、より細かなミックスボイスの練習法について説明します。

 

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 音程変化の練習 | トップページ | ミックスボイス② »

中級編!効果的なボイトレ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox