« 声の調子を整えよう | トップページ | 音程変化の練習 »

2013年4月19日 (金)

録音前のチェックポイント

Photo_2

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。  

 

■録音・ライブに向けた十分な準備を

本番では、練習以上の実力は絶対に発揮できません。

   

逆に、歌い方や演出等・本番のイメージをより具体的に固めているひとほど、

レベルの高いパフォーマンスをすることができます。 

いくら基礎練習をみっちり行って、発声のいろはを習得していたとしても、

内容によってもとめられる技術は様々。

時には、発声的には間違っている声を要求される事も珍しくないでしょう。

声を出す、というだけでなく、演者としての姿勢について考えてみましょう。 

 

■発音、ブレスポイントのチェック。

楽曲全体の発音、息継ぎのポイントをチェックします。

歌詞を一枚プリントして、苦手な発音・ブレスポイント等にチェックを入れて内容を整理します。

苦手に感じる箇所はポイントを絞って重点的に練習します。

 

本番で発音に指摘を受けないようにしっかりと作り込みましょう。

 

 

■ニュアンス・声のトーンの選択

楽曲の内容に応じて、声のトーン、ニュアンスを決定しましょう。

ハキハキ系なら立ち上がりが良く高い声、しっとりならちょっとまるっこい声、など。

録音途中で、変更があるかもしれないので、何パターンか候補を用意するようにしましょう。

 

 

■録音チェック

家に録音環境が用意できる方は、録音してチェックします。

※アレンジャーさんと制作されている方は、練習用にオケをもらうようにしてください。

 

確認して気になった箇所をメモし、修正して録音・確認を繰り返します。

間違えやすい場所にもチェックを入れておきましょう。

 

 

■まとめ

ひとつひとつは細かいですが、しっかり潰していく事で、楽曲への理解と自信を持って録音に望む事ができます。

歌詞に不明点があれば、作詞者に確認をとるようにしてください。

 

大事な作品の為に、毎回ベストを尽くしましょう。

 

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 声の調子を整えよう | トップページ | 音程変化の練習 »

すぐに役立つTips」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox