« 自分の理想の声とは | トップページ | 4/12 BEBEさんのレコーディングでした。 »

2013年3月10日 (日)

劇場型ボーカリストに学ぶ

images

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

 

ボーカリストが発声法を習得した後、

一番の悩みの種になるのが「歌唱スタイル」です。

 

声を鍛えるのは努力でどうにかなっても、「表現」という分野に答えはなく、

それぞれの価値観や音楽性から、個性となる表現力を習得しなければなりません。

 

「楽器型」「劇場型」「アイコン型」

などの複数のジャンルで私はボーカリストを分類しています。

 

実際のアーティストの例を交えてご紹介させていただきます。

 

 

■楽器型

ボーカルを「楽器」という観点でとらえ、楽曲のコンセプトにあわせてキャラクターや歌い方を構築するタイプです。

歌単体での主張は薄いのですが、楽曲への馴染みがよく、幅広いジャンルの音楽を扱うことができる。

素直な声の人が多いのが特徴です。

 

・いきものがかり

 

 

・ファンキーモンキーベイビーズ

 

 

いずれも、声に大きな特徴があるわけではなく、良い楽曲がまず存在し、それにあわせてボーカルのありかたが決定されているタイプです。

曲の良し悪しがそのまま評価に影響するので、プロデュースの品質が問われます。

 

 

 

■劇場型

 

役者にも「憑依型」というジャンルがありますが、楽曲のシチュエーションや世界観にあわせて、表現方法を自在に変化させるタイプです。

 

 

・神聖かまってちゃん

 

 

・美輪明宏

 

 

プロデュースと関係なく、個人としての解釈を取り込み、物語の中の人物に憑依したような表現がこのスタイルの特徴です。

非常に高い技術を必要としますが、誰にも真似できない唯一無二の表現といえます。

(個性的ゆえ評価が分かれることが多いのも特徴です。)

歌詞やサウンドを理解するだけでなく、普段の生活から表現のモチーフを生み出していることも多く、天才肌に多いタイプです。

 

 

 

■アイコン型

どんな歌でも、自分の歌のように歌い上げてしまう「独特の声質」を武器にするタイプです。

歌声がひとつのブランドのようなアイコンになりえるので、ファンには安定した支持を得ることができます。

 

・サザンオールスターズ(桑田佳祐)

 

 

・B’z

 

 

「個性のある声質」は誰しも一度はあこがれますが、その個性ゆえ、マッチする曲調やジャンルが大きく制限されるのも事実です。

また、個性的な声の人は、自分の声にコンプレックスを抱えていた人間が多く、「変な声」と「個性的な声」は紙一重なのです。

自分の声質を客観的に分析し、コンプレックスを武器に転化できた人だけが、この個性を習得できるのです。

 

 

 

■まとめ

 

ここで紹介したアーティストが完全にカテゴリーに分類されるということはなく、曲によってそのタイプは柔軟に変化します。

 

自分の個性を生かすか、楽曲の良さを尊重するか、状況によって一番良い選択肢を選び、柔軟に対応できるあたりが、彼らがプロたるゆえんとも言えるでしょう。

 

 

ご自分の表現を今一度見直した上で、そのコンセプトをより明確にすることで、次のステップが見えてくるかもしれません。

 

 

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 自分の理想の声とは | トップページ | 4/12 BEBEさんのレコーディングでした。 »

本物のシンガーになるために」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox