« 「日本語英語」依存のヴォーカリスト。 | トップページ | すぐ声の出が良くなる「リップロール」!なぜやらないんですか? »

2013年3月 5日 (火)

「ボイストレーニングの目的」

vocal

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。 

今回は、ボイストレーニングの目的について、

今一度その役割を見直してみたいと思います。

 

音楽のレッスンを行ううえで、生徒には

「目的を持っている生徒」

「そうでない生徒」

この2種類に分類されます。 

 

 

どちらにせよ、強い願望をもってレッスンに来ているのですから、やる気がある事には違いがありません。

しかし、具体的なビジョンが描けているかどうかで、練習量やモチベーションに大きく影響が生じます。

 

 

楽器では、「ロックをやりたい」「速弾きがしたい」など、明確なビジョンを持つ生徒が多いのに対し

ヴォーカルの生徒は、

「自分がどういうヴォーカリストになりたいか」

はっきりしていないことが非常に多いです。

 

これは、声という楽器が取替えの聴かない楽器であることが大きな原因といえます。

そして多くの生徒が

「自分の声を良い楽器にしたい」

という思いでレッスンにやってくるのです。

 

 

これは良く考えると非常に矛盾をしています。

声という楽器は、先述したように取替えがききません。

私たちができるのは、楽器が豊かな音を出せるような方法を学び、その楽器の音色に適した表現方法を習得することです。

 

ものまね歌手のように、さまざまな声色を出すことは、訓練をつめばできるかもしれません。

しかし、あなただけしかできない声や表現を習得できなければ、それは誰かの二番煎じに過ぎないのではないでしょうか?

 

 

 

「発声を習得すること」「ボーカルの表現力」

この二つも似て非なるものです。

多くの方が、この二つを混同してボイストレーニングにやってきます。

 

「発声」とは、楽器のポテンシャルを正しく発揮すること。

「表現力」とは、楽曲を理解し、適した歌い方を選択して表現する能力です。

 

「発声」だけではただの道具、「表現力」だけでは能力がその表現に追いつきません。

一曲の歌を歌うだけでも、非常にたくさんの事を考え、答えを探しながら鍛錬する必要があります。

 

 

 

--------

「録音ボイストレーニング教室」

東京都杉並区(都内)のボーカル教室

http://ziiken.qee.jp/

 

※無料ボーカル・カウンセリング実施中♪

たった一度のカウンセリングで、あなたの歌の悪いところが分かります。

http://ziiken.qee.jp/post.html

ギター講師・ボイストレーナー

高岡 兼時(タカオカ ケンジ)

 

« 「日本語英語」依存のヴォーカリスト。 | トップページ | すぐ声の出が良くなる「リップロール」!なぜやらないんですか? »

基礎トレーニング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox