« 2012年8月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月10日 (日)

劇場型ボーカリストに学ぶ

images

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。

 

ボーカリストが発声法を習得した後、

一番の悩みの種になるのが「歌唱スタイル」です。

 

声を鍛えるのは努力でどうにかなっても、「表現」という分野に答えはなく、

それぞれの価値観や音楽性から、個性となる表現力を習得しなければなりません。

 

「楽器型」「劇場型」「アイコン型」

などの複数のジャンルで私はボーカリストを分類しています。

 

実際のアーティストの例を交えてご紹介させていただきます。

 

続きを読む "劇場型ボーカリストに学ぶ" »

2013年3月 9日 (土)

自分の理想の声とは

voice

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。 

 

「自分の歌声」

というものを作り上げていく上で大事なのは、何でしょうか? 

 

今回は基礎的なことではなく、ボーカリストとしての「声」の作り方について、

考え方なども含めてお話します。

 

続きを読む "自分の理想の声とは" »

2013年3月 5日 (火)

すぐ声の出が良くなる「リップロール」!なぜやらないんですか?

lip

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


今日は、ボイストレーニングの中でも即効性があり、

プロのシンガーも必ず行っている

「リップロール」

というトレーニングについてご紹介します。


高い声が出ない、声が細くなってしまう人に
絶大な効果を発揮します。

続きを読む "すぐ声の出が良くなる「リップロール」!なぜやらないんですか?" »

「ボイストレーニングの目的」

vocal

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。 

今回は、ボイストレーニングの目的について、

今一度その役割を見直してみたいと思います。

 

音楽のレッスンを行ううえで、生徒には

「目的を持っている生徒」

「そうでない生徒」

この2種類に分類されます。 

 

続きを読む "「ボイストレーニングの目的」" »

2013年3月 4日 (月)

「日本語英語」依存のヴォーカリスト。

b120726a

こんにちは、ボイストレーナーの高岡です。


現在、日本にあるポピュラーミュージックのほとんどは、
欧米を中心とする世界の音楽シーンから影響を受けたものがほとんどです。


日本語という言語はまるっこく、
ビートのはっきりした音楽には非常に相性がよくありませんでした。


そこで、生み出されたのが

「日本語英語」

という概念です。

サザンオールスターズの桑田佳祐がそのパイオニアと言えるでしょう。


日本語の歌詞を英語のフォーマットに当て込み、英語の発音に置き換える事で、
日本語でも様々な音楽を違和感無く吸収する事が可能になりました。


続きを読む "「日本語英語」依存のヴォーカリスト。" »

2013年3月 2日 (土)

『録音ボイストレーニング教室』のご紹介

DTM

はじめまして、高岡ともうします。


ヤマハミュージックスガナミ音楽教室・ギター講師として現役勤務。

作編曲家としての制作業務や、ボーカル・DTM講師として教室を運営しています。

あわせて、音楽制作やアーティスト活動を行っており

年間2、3枚のペースで配信音源をリリースしています。


RYUNKA / VOCALOID CD 『fiLm MuSic』


実際のレコーディングを体験しつつ歌を改善する

「録音ボイストレーニング」

レッスン内容についてご紹介します。


続きを読む "『録音ボイストレーニング教室』のご紹介" »

« 2012年8月 | トップページ | 2013年4月 »

レコーディング・   ボイストレーニング教室


  • 録音ボイストレーニング教室

新サービス

  • 都内最安のレコーディング
    『やすろく』

    やすろく 業界最安の東京都杉並区ホームレコーディングスタジオ

著作書籍

  • リットーミュージック出版にて、CUBASEの書籍を執筆させていただきました。

サイト内検索

音楽サークル『Film Records』

  • 音楽サークル『Film Records』

/

///

likebox